歯科口腔外科と歯医者の違いを知ろう

歯科口腔外科と歯医者の違いを把握して自分に合った治療を受けましょう

歯科口腔外科と歯医者利用時の治療内容と日頃の対策

歯の不調や痛みを感じた時に通院をするなら、最寄りの歯医者をイメージする人はいます。しかし、歯科口腔外科ならではの治療も受けられるので、選ぶ際の参考にしましょう。

口腔内やその周辺における外科治療をするのが、歯科口腔外科の仕事です。例えば、歯茎に埋まっている親知らずを除去する場合や、顎関節症をはじめ顎の不調や損傷ができた時にも通院をするケースが多いです。その他、口腔内に腫瘍がある時にも、歯科口腔外科で処置をするようになります。治療費ですが、手術や点滴、検査などは保険適応されますが、ベッド代や衣料費のような入院時の生活費は自費となります。歯医者は、通常の虫歯や歯周病治療、矯正歯科などの審美系の治療をする際に利用します。歯科医院によって虫歯治療や矯正歯科など専門分野が異なるので、自分の症状に合わせた所を選びましょう。なお、歯科医院は保険診療で受けられる治療はありますが、審美系の治療であれば自由診療なので高額費用が発生します。

通常の歯医者治療やメンテナンスのレベルなら、大きく費用負担は掛かりませんが場合によっては高額になります。支払いが間にある人は問題ないですが、医療保険や税金控除の情報も知っておいて損はありません。

また、歯科口腔外科や歯医者であれば専門の医師がいます。経歴や得意分野における情報があれば、選ぶ際の参考になり得ます。また、学会入会をしている人は、その分野での研究をしているのが伺えます。その他、口コミや第三者からの評価は参考になるかもしれません。

症状に合わせて可能な範囲で各種研究を行い、自分に合った所が見つかれば長く口腔内の健康維持が図れるでしょう。

TOPへ戻る