他の業者にマネされないように

このコラムをシェアする

自動で厚みが変わるフィルタ

赤外線がたくさん入っていると、写真を綺麗に撮影できません。
これまでは手動で調整しなければいけなかったので、撮影の技術が必要になります。
まだカメラに触ったばかりの初心者は、うまく撮影することができなかったでしょう。
新亜光学工業は、誰も写真撮影を気軽にできるように、特殊なフィルタを開発しました。

それは自動でフィルタの厚みを、調整する部品です。
今後は自分で調整しなくても良いので、初心者でもカメラを扱いやすくなるでしょう。
たくさん練習すれば、すぐにプロのような写真も撮影できます。
これまでカメラの扱いは難しいと、撮影を控えていた人がいるでしょう。
ですがこの部品が誕生してからは、気軽に撮影を開始できます。

光を調整することが重要

同じものでも光の量を変えることで、全く別の写真のように撮影できます。
ですから納得できる1枚を撮影できなかったら、何度も光の量を調整してやり直してください。
手動で調整しなくても良いという部分が画期的ですね。
新亜光学工業の特許の、最もすごい部分と言えます。

自動で光の量を調整してくれるので、撮影の時間田短縮されるメリットが生まれます。
シャッターチャンスは、短い時間しか訪れないことが考えられます。
せっかくシャッターチャンスが訪れても、光の量を調整するのに時間が掛かったら、チャンスを逃してしまいます。
新亜光学工業が開発した部品を使えば、もうシャッターチャンスを逃すことはりません。
撮影しやすくなりますね。