歯科口腔外科と歯医者の違いを把握して自分に合った治療を受けましょう

最初に歯科口腔外科と歯医者のおおよその違いを確認しましょう

歯科口腔外科への通院を多くしないために

歯科口腔外科へは、口腔内に腫瘍が発生したり口内炎のような症状が出た時などに通います。しかし、可能な範囲で予防ができるため、健康な生活を送るための参考にしてください。

口腔内に腫瘍が発生する主な原因は、喫煙や飲酒、食生活の乱れとなります。研究の中には、これらの生活習慣の人は、そうでない人と比較しても10倍以上病気が発生するリスクがあるとの結果も出ています。食生活でインスタントやジャンクフード中心や野菜不足の人も、特に注意が必要です。

喫煙や飲酒は依存症のケースもあるので、自分で改善をするのが難しいなら専門医に相談しましょう。また、食生活の乱れで野菜不足なら、野菜ジュースの摂取からでも始めるのがおススメです。その他、適度な運動や楽しめる趣味を見つけるのも、健康増進の観点でプラスになるのが見込めます。

歯医者にできるだけ通院をしないで済むには

矯正歯科であれば、健康維持だけでなく美容の動機で通う人はいます。その場合は、用途に合った治療を受けて改善に繋げましょう。

しかし、虫歯や歯周病であれば定期健診の用途で3か月に1回の通院は大事ですが、それ以上にならないで済むコツはあります。少なくても1日に1回、食後に歯磨きをするだけで予防効果は期待できます。歯磨き粉もフッ素が1,450ppm含まれているものは、より効果が増します。

食生活の乱れを防ぐために、ビタミンやカルシウムが多く含まれる野菜や菌類、乳製品などの摂取ができれば歯の健康にプラスの作用が見込めます。他にも、糖分が含まれている清涼飲料や栄養ドリンクの摂取を減らすのもおススメです。

できる所から始めていき、歯を健康な状態にしましょう。上手にできれば、シニアになっても自分の歯を維持できます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る