歯科口腔外科と歯医者の違いを把握して自分に合った治療を受けましょう

様々な方法で医療費の節約ができれば自己負担が軽くなる

医療保険に加入をする

歯科口腔外科の利用にあたり、口腔がんや腫瘍除去手術が必要な際に高額な治療費が発生します。一括で費用の支払いが難しい時に、医療保険に加入をすれば負担を抑えられます。終身医療保険や定期タイプがあるので、自分に合った商品を選ぶようにしましょう。

入院が必要になれば給付金の支給が受けられると、自己負担軽減を図る際にプラスになります。ベッド代や食事代、衣料費など様々な費用が発生をし、嵩めば高額になりかねません。入院給付金が多く得られる保険に加入できれば、その負担は少なくて済みます。ただし、入院時に費用負担を抑えるには毎月の保険料はそれに見合う金額となるので、日頃の生活費を削ってまではお勧めできません。

また、毎月の費用節約のためにネットや外資系を選ぶのも良いですが、国内の生命保険会社の方が保険の支給がスムーズに進めてくれる傾向にあります。選ぶ際の参考にしましょう。

年末調整を利用する

腫瘍などの手術や審美系の歯科治療になれば、医療費が高額になります。負担をできるだけ減らすために、いくつかの制度があります。

医療費控除であれば、支払った医療費が10万円以上であれば、翌年の所得税などが軽減できます。高額療養費の支給を受けていない保険適応外の治療費も対象です。

高額療養費は1か月間で自己負担の限度額を超えた時に健康保険から支給をしてもらえる方法で、医療費負担が高額になるのを防げる制度です。予め自治体で限度額適用認定証の発行を受けるのは必要です。高額療養費を利用するには、被保険者の年収をはじめ条件があるので、自治体職人への確認が要ります。ただし、入院時に発生したベッドや衣料費は対象外となります。

各種上手に活用をして、医療費負担軽減を図るのも有効な手段となるうえ、生活の知恵としても使えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る